FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナンパ師の最期

某日曜日 20時00分


銀座で「彼女」へのプレゼントを買って、有楽町駅まで歩く。


今年は暖冬といえど、2月の厳しい寒風は身にこたえる。


僕は厚手のダウンジャケットのポケットに手を突っ込み、背中を丸めながら歩いていた。



ふと顔を上げると、目の前を駅方向に歩く30代そこそこの綺麗な女性の後ろ姿が目に映った。




(歩くのが遅い子だな。ちょっと声をかけてみるか……?)



(いや、待て。自分が右手に持った買い物袋を見てみろ。それは誰にあげるんだ?もう、ナンパはやめたんじゃないのか?)



10秒くらい葛藤した後に平静を取り戻し、歩みの速度を落とす。




-僕はもう、ナンパをやめたんだ







駅前の広場に差し掛かった際、周囲と異質な雰囲気を纏った男性二人組を見かける。



(ナンパ師か…)



そう思ったのも束の間、先程一条が声かけを思い止まった女性に対して、その内の一人の男が話しかけに向かった。



(やっぱりな…。だが、彼は失敗するだろう。)



案の定、その男性はガンシカを食らって、ニヤニヤしながら仲間のところに戻って行った。




(俺ならあの女性をオープンできたよ)




そんなことを考えながら、有楽町駅から山手線に乗り込んだ。





・・・





正直、彼らが羨ましいと思った。


自由で、誰にも縛られていなくて、一緒にナンパできる仲間がいて。



一条も、去年まではそうだった。


港区のタワーマンションの高層階に一人で住んで、タクシーを乗り回して六本木・麻布・銀座で遊び倒していた。 


クラブでも道端でも、ヤりたい女には躊躇なく声をかける。


仕事が忙しいながらも、週に一人は新規の女性を抱いていたし、呼べばマンションまで飛んでくる既セクもそれなりにいた。


だが、去年をもって、その生活を捨てることになった。


ここでは詳しく書けないが、3年程度続けたこの生活にピリオドを打つ時が来た。



一条は、ナンパ師を引退することになった。




そして・・・





「ねぇ、ナンパブログやってるでしょ?」




今まで一度として起こらなかった事態が起こった。



過去に関係を持ち、このブログで記事にした女性から、このブログを発見した旨の連絡があった。


一条は、記事にした子からの特定を避けるために、ところどころ実際と異なる内容を書くように努めていたが、記事にリアリティを追求しすぎた結果、特定に至らしめる描写となっていたようだ。


その子を大きく傷つけてしまった反省から、過去の記事を全て非公開とした。



これが、ナンパ師・一条尚也の最期だ。



これまで関係を持った全ての女性に敬意と謝罪の意を込めて、筆を置くこととしたい。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。